×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『【姉と弟】分岐点』執筆者・きさと



 停留所の風が、やたらと吹き付けるように感じた。
 キャメロットに生まれて24年、ライカ・カザミは自分の意思で初めて、生まれ故郷を後にしようとしていた。

「船の上は寒いから。これ使って」

 彼女の弟、レイジュ・カザミが毛皮で出来た敷物を差し出した。

「わかったわ。有難う。遅いんだし、もう見送りはいいわよ」

 ライカがそう言っても、レイジュは黙ったまま首を横に振るだけだった。紅花のように赤く、まったくと言って良い程のまっすぐで艶やかな髪に、茶色の瞳。肌の色はこのイギリスに住んでいる大方の人々よりも黄色く、身長もさほど高くはない。お気に入りの白いワンピースの服を着て、胸には両親からもらった、レイジュとお揃いのプレートのネックレスを下げている。被っている羽付の白い帽子が、風でいつも飛ばされそうになるので、ライカは常に帽子を手で抑えていなければならなかった。足元には、普段よりも大きな鞄が置かれていた。
 ライカの血筋は遠い異国・ジャパンのものだが、両親がイギリスに渡った為、ライカも弟のレイジュも、英国人として育ってきた。この国のみならず、この世界には様々な種族の者がいるから、自分の血筋が異国のものである事を、あまり意識する事はなかったけれども。

「そろそろ、船が出るわ」

「船が見えなくなるまでいる」

 レイジュは言う事を聞かなかった。ライカと同じく、赤い髪と茶色の瞳を持ち、今は黒いベストに白い上着、茶色のズボンを履いていた。腰に小さなナイフを下げてはいるものの、大型の武器は持っていない。ファイターであるレイジュであるが、今は武器を持つ必要はないと思ったのだろう。

「パパとママにも、よろしく伝えてね。またすぐに戻るつもりではいるわ。その間に、いつものお客様が来たら、ライカはお嫁にいく準備で忙しいと、伝えてちょうだい」

 本当はどうなるか、あたしにもわからないけどね、と、ライカは心の中でつぶやいた。 レイジュは目を伏せていた。事情を知らない誰かが、ライカが結婚すると知ったら、おそらくは笑顔を滲ませて、おめでとうと言ってくれる事だろう。
 けれども、困った事にこの弟は、少しも嬉しそうな顔をしない。例え笑顔を見せたとしても、それはどこか作り物のように見えてしまうのであった。

「そんな悲しい顔しないの。別に、2度と会えない訳じゃないんだから」

 何も返事はなかった。
 レイジュの悪い癖であった。普段はうるさいと思うほどにしゃべるのに、不機嫌になるといつも黙り込んでしまう。その癖は昔から変わっていない。とは言えライカ自身も、生まれた時…いや、生まれる前から知っている弟を置いてこの国を離れる事に対して、何も感じないわけではなかった
 むしろ、この先どうなるのか、不安で仕方がない思いの方が、強く出ている事は否定できない。



「お姉ちゃん」
 
 それだけ言うと、レイジュは部屋から出て行ってしまった。出て行ったというよりは、自分に気を使ってくれたのだろう。レイジュの、他人への気の利かせ方は自分よりも細かい。
 それはそうだろう。自分の姉が一人でずっと泣いていたら、大抵の人はそっとしておくか、ハンカチを渡しながら優しい言葉をかけるだろう。
 夕方になると西日が差し込んでくる部屋で一人、ライカはベットに腰掛けてずっと、声を殺して泣いていた。

「どうして」

 ライカの恋人が突然この国を去ったのは、ほんの数日前の事。しかも、それを知ったのは彼がいなくなってからであった。研究で片付けをしていない、という話を聞いており、いつか家へ行って片付けをしてあげようと思っていたのだ。
 先日思い立って、恋人の家へ向かったはいいが、そこはすでに空家になっていて、近くの住人に聞けば、すでに荷物をまとめて海外へ発ったのだという。
 これは夢だろうと、最初は思った。その住人に礼を言って、ライカは自宅へと戻ったが、歩いているその道の途中で、我慢をしようとしても涙が出てきてしまった。そんな姿を、町行く人に見られたくはなかったが、シルクのハンカチで何度も何度も涙を拭っても、それが止まる事はなく、むしろ溢れかえってくるぐらいであった。
 自宅に戻り、自分の部屋に戻るとそれは関を切ったように止まらなくなり、涙が頬を流れ落ちるのを感じた。どうしてそんな事になってしまったのかは良くわからない。もちろん、人には都合というものがあるのだから、外国へ戻ってしまった事自体には、何も疑問は涌かなかった。だが、どうして黙って行ってしまったのか。ライカにはそれが悲しくて仕方がなかった。

「どうしてなの」

 涙がかった声で、ライカは呟いた。
 自分でもわかっている性格なのだが、ライカは筋を通さなければ気が済まない方だ。中途半端が嫌いで、それは、悪く言えば融通がきかない、ということにもなるのだが。だからこそ余計に、何も言わずに恋人に去られた事がショックであった。

「あたしの事、何も思わなかったのかしら」

 もしそうだとしたら、それはライカにとってはあまりにも過酷な事実だ。もしそうならば、自分の左手の薬指に小さく光る誓いの指輪も、嘘になってしまう。

「あたし、また何か嫌な事を言ってしまったのかもしれない。だから、怒ってしまったのかしら」

 頭の中で、かつての自分が蘇った。
 もう3年ほど前だろうか。ライカには年上の恋人がいた。がさつなところはあったけれども、優しい人であった。この人以外には、自分の相手は考えられないといつも思っていた。かつての恋人に贈られた指輪を、いつも大切に持っており、自分こそ世界で一番幸せなのだと、ずっと思っていた。
 それが崩れた時、世界が闇に包まれたような気持ちになった。何をしていても、悲しい恋人との別れを思い出してしまい、胸が痛くなった。楽しい事を見ても、本当に笑う事は出来なかった。さようなら、今までありがとう。かつての恋人の言葉は、いまだに思い出されるのだ。
 どうして、こうなってしまったのかはわからない。何度も彼の家に行って、会ってもらおうと思ったけど、まったく話をしてもらえなかった。
 だから、それがずっと心の傷として残ってしまい、新しい恋人が出来ても、もしかしたら、今つながれているこの手も、放されてしまうかもしれないと、心の隅でひそかに思っていた。それは決して人に話す事は出来なかったけど。こんな事になるなら、恋などしなければ良かったのだと、ずっと思っていた。

「それでも不思議ね。傷があっても、また別の誰かを好きになる事が出来るなんて」

 しばらくベットの上に座っていたが、1階の台所から何かを焼いている香ばしい匂いが漂ってきたので、ライカは階段を降りて行った。
 沢山泣くと、心がすっと軽くなる事を、何度も泣いてきたライカは知っているのだった。それに、さっさと食事を済ませてしまわなければならない。夏なので、食事は痛みやすくなっており、いつまでもテーブルに置かせるわけにはいかないからだ。



「お姉ちゃん、さっき、ミミ(猫)が凄いんだよ!犬みたいに、僕のところに飛びついてきたんだ。餌あげたら何もしてくれなくなったけど」

 弟・レイジュの、まわりを明るくするという性格は、ライカも羨ましいと思っていた。今もきっと、自分の事を気遣って、まったく関係のない話で紛らわせようとしているのだろう。
 レイジュはそう言うと、フライパンで炒めた野菜を皿に盛り、塩付けのベーコンの塩を払って、それを卵と一緒に焼き始めた。
 ライカの実家はホテルだから、両親はその経営で一日中仕事をしている。冬は比較的暇があるが、イギリスの気候は夏は昼間が長く、遅くまで外で過ごす事が出来るのが特徴だ。逆に、冬はすぐに外が暗くなるのだが。
 だから、夏には客が多く集まり、今は一番忙しい時期であった。本当は、ライカ達もホテルの手伝いをしなければならないのだが、今日は近所の人が手伝いをしてくれている為、姉弟はゆっくりと休む事が出来たのだ。その代わり、家事を全部やらなければならないが、そんな事は幼い頃からずっとやってきたので、今更大変とは思わない。

「卵、お姉ちゃんもう一個食べる?これ、少し早めに食べないといけないから。残ったら勿体無いし」

 後ろを向いたまま、レイジュが問い掛けた。

「いいわよ、レイジュ食べればいいじゃない。あたしは一個でいいから」

 本当は食欲もあまりないのだが、誰かに心配させたくなかった。今、自分が思っている事を誰かに話してしまえば、少しは楽になるのかもしれない。
 しかし、それはライカのプライドが許さなかった。誰かに心配されたくなかった。自分自身の手で、問題を解決したかった。そんな自分の性格を人が知ったら、高慢だと思われるだろうか。
 レイジュはシェフである父親から料理を教えてもらっているので、その腕前はなかなかのものだった。何の無駄の動きもなく、次々に皿へ料理を滑らせ、ライカがぼんやりと考え事をしている間に、今日の昼食を完成させてしまった。

「じゃ、頂きます」

 いつもなら、弟と色々な会話をして食事を楽しんでいた。ホテルであった事とか、冒険者として受けた依頼の事、酒場で出会った人の事、祖国・英国の話。話が始めればキリがない。
 レイジュとは6歳、歳が離れているせいか、姉弟喧嘩もそんなにした事がない。だから、近所の人達や知り合いからは、仲の良い姉弟といつも言われるのであった。その事は、ライカも言われる度に嬉しく思っていたけれど。

「そういえば、さっきジャパンのおじいちゃんから手紙が届いたみたいだよ。お父さんが持ってるけど」

 顔をあげて、レイジュが言った。

「じゃ、きっといつもの暑中見舞いね」

 カザミ、の名前が示すように、姉弟の血筋はジャパンにある。ライカが生まれる前、両親はこの英国で新しく仕事をする為、ジャパンから遥か遠くのイギリスの地へとやってきたのだった。
 ライカも何度か両親に連れられて、ジャパンへ行った事がある。最後に行ったのは、16歳の時だったから、もう8年も前の話だ。それ以来、ジャパンへ行く事はなかったけれども、父親の実家からは毎年、夏には手紙を、秋にはジャパンの作物を、年の初めには孫達へ贈り物をしてくれた。
 それを見るたびに、遠く離れていても、家族はひとつだと感じていた。誰かを思う気持ちは、距離なんて関係ないのだと。

「距離は、関係ないわよね」

「何が?」

 ライカの呟きに、ベーコンをフォークで切り裂いていたレイジュが顔を上げた。

「ううん、こっちの事。気にしないで。このベーコン、とても良く焼けていたわよ。ご馳走様」

 ライカは使った食器をまとめると、静かに席を立った。レイジュは無表情なまま、ライカを見つめていた。
 血のつながった、かけがえのない、たった一人の弟。騒がしくて、とんでもない事をやらかす事もあるけど、この弟がいない方が良かったと思った事は一瞬たりともなかった。この弟や、両親はとても大事な存在だ。
 けれど、それと同じぐらい、大切で愛しいと思っている人がいる。すでに、自分の心は決まっていた。



「パリへ行く事にしたわ」

 早朝のキャメロットのクラーケン通りの町並みには、まだ霧がかすかに残っていた。
 ライカは弟のレイジュと一緒に、市場へ買出しへと向かっていた。この朝は小雨が静かに降り注いでいたが、ホテルを営む商売人に、天気などは関係ない。ライカは白い傘を差し大きな籠を持ち、レイジュは紺の傘に籠を背中に背負っていた。
 夏は物が腐りやすいから、ほぼ毎日買出しに行かねばならない。また水も沢山使うから、買出しに行ったらすぐに、レイジュは川へと向かう事になっている。幸い、家が川のそばにある為、そこまで水汲みも大変ではないが、それでも水汲みは重労働であった。

「パリへ?」

 ああ、やっぱり。レイジュの表情からはそんな言葉が読み取れた。

「それは、恋人の為?」

 レイジュの言葉に、ライカは首を横に振った。

「それもあるけど、自分の為でもある。このまま、中途半端にはしたくないのよ。手紙を出す事も考えたけど、あたしは彼の顔を見てお話したいの」

 今この状態で彼に会ったら、感情を抑えきれずに泣き出してしまうかもしれない。だけど、それでも何もしないよりはずっとマシだ。時間が立てば立つほど、心が恋人から遠くなってしまうような気がしてならなかった。だから、早く行動をしたかったのだ。

「まずは、一度お話してみようと思うわ。その結果がどうなるかはわからないけど、うやむやになるよりはその方が自分でも納得がいくでしょう。後悔はしたくないの。それが一番辛い事だわ」

「まさか、ずっと向こうへ行くって事、ないよね?」

 自分の顔は見ずに、前を見たままレイジュが訪ねた。

「お話をして、一度は戻ってくるわよ。その後の事はどうなるかわからないけど」

 市場が見えてきた。雨が降っているというのにも関わらず、市場は相変わらずごった返していた。

「僕は許せないよ。お姉ちゃんを悲しませるなんて。お姉ちゃんを辛い目に合わせたら僕が許さないと、あの時は冗談で言ったけど、本当にそうなるなんて夢にも思わなかった」

 一歩前を歩いているせいで、レイジュの表情は見えなかった。珍しく、静かな口調だった。

「大丈夫よ。あたしの好きになった人だし、あなたの友達でしょう?親子や兄弟でだって、時には思うように物事がいかない事だってあるじゃない」

「だけど」

 ライカは、市場を目前にして、優しい口調でレイジュに語りかけた。

「あたしだって何も思わないわけじゃない。だからそれを確かめにパリへ行くわ。パリは近いわよ、ドーヴァー海峡を越えるだけ」

 そう言っている間に、ライカ達の足は市場へと踏み込んでいた。威勢の良い声が聞こえ、お馴染みの市場の人々が呼び込みをしている。市場で売られている良い物を、安く買う、それが姉弟のここでの仕事であった。
 二人は話を一時中断して、朝の買出しへと向かうのであった。



「パパとママには、ちゃんとキャメロットへ戻るって条件で、パリへ行く事を許してもらったから。レイジュ、しばらく家の方をよろしくね。ちゃんと、手紙を出すわ」

 ライカはまだ目を伏せているレイジュに笑顔でそう言うと、桟橋を渡り、船へと乗り込んだ。
 レイジュが納得していないのが気がかりだが、今は海の向こう、花の都、と呼ばれている場所へ行かなければならない。花の都が、自分にとってどんな場所になるかはわからないけれど、辛い旅にはならないと信じていた。
 このところ、パリで不穏な動きがあるようで、その為にキャメロットからパリへ向かうこの船に、ちらほらと知った顔がいるのも、ライカを安心させているのだろう。

「パリ行き、間もなく出発しまーす!」

 桟橋のそばに立っていた男が、そう声を上げた。慌てて船に駆け込んだ親子連れを最後に、船の下の方で男達の掛け声が響き、船はゆっくりと動き出した。
 ライカは船の停留所に残されたレイジュに手を振った。同じく、自分に手を振り返したレイジュがどんな気持ちでいるかはわからないけれども、自分の実の弟なのだから大丈夫だろうと、ライカは思っていた。



「お嬢さん、夜の風は体に障りますよ。船室へ入って、ゆっくり休まれた方が良いでしょう」

 しばらくライカが外の景色を見つめていると、一緒にパリへ行く客だろうか、ランタンを持った一人の老人がライカに話し掛けてきた。

「お気遣い有難うございます。でも、船室へはもうちょっとしてから入りますわ。あの、生まれ育ったイギリスが見えなくなるまで、見ていたいの」

 ローブを羽織っているその老人は、しわしわの顔についている小さな目を開き、ライカと同じ方向を見つめた。

「初めてなのかね?パリへ行くのは」

「ええ。色々あって、ちょっとね。パリへ行くのは楽しみでもあるわ。でも、イギリスに、弟を残してきたの。その子がちょっと気がかり」

 ライカはもう一度船の外を見つめた。
 テムズ川をずっと下り、流れのままに、船は間もなく海へ出ようとしている。故郷キャメロットはすでに見えなくなっており、まわりに見えるのは暗い森ばかりだ。老人の言うように、吹き付ける風がかなり冷たく、このままでいると体にはあまり良くなさそうだった。

「見知らぬ土地には不安もあるだろうが、前を向いて歩いた人間が、最後は成功するものじゃよ」
 ライカは無表情のまま、老人を見つめていた。

「おぉ、おせっかいじゃったかのう」

 老人はそう言って、静かに笑った。

「パリへはまだまだかかるからのう。あまり無理をせぬよう。ここで病気になったら、大変じゃぞ?夜風は年寄りには堪える、わしは先に休ませてもらうぞい。またな、お嬢さん」

「おやすみなさい」

 よろよろとした足取りで、老人は船室へと入っていってしまった。
 ライカはしばらく外を見つめていたが、老人に言われた通り、ここで熱でも出してしまったら大変だと思い、船室へと入る事にした。
 老人の言葉が、胸に響いていた。前を向いて歩けと。自分は決して、後ろ向きな人間ではないと思っていたが、どこかそう感じさせるものがあったのかもしれない。
 この旅の結果がどうあれ、後ろは決して振り向かないと心に思い、ライカは船室へ入り、硬いベットの中で眠りへつくのであった。(終)



◆あとがき◇

 ライカの思いをずっと書いていたら、結構長くなりました。ライカ視点の物語なので、レイジュの心情はわかりません。
キャメロットのマップを見る限り、川から海へ出る感じなので、描写もそうしてみました。
 どうでもいい事ですが、冒険者街のカザミ家は、本当に河のそばにあります。クラーケン通りだからかしりませんが、フラッシュ版表示が入った時に、川のそばだと判明した模様(笑)

 話のほとんどが、ライカの心理描写になっているため、物語の強弱には欠けるところがありますが、ああ、恋する乙女だなあ、と感じて頂ければ良いかと(笑)24歳なので、乙女かどうか微妙ですが(マテ)
 それにしても、こういう話を書くと改めて思うのですが、AFOスタート時よりも随分ライカもおっとりしてきたなあと。スタートした時は、彼女の前身となったWT3のコギャルキャラの特徴が良く出てて、結構勝気で我侭なところがあったんですが、今ではおっとりしたお嬢様に(笑)変わるものなのだなあ、と思いました。
 この話の続きは、また書こうと思っております。